母乳から出るアレルゲン

hatena に追加 facebookに追加 twit this!

食物アレルギー 食物アレルギーっ子は母乳にも気をつけなくてはいけません。
母親が食べた食事は、15〜30分で母乳に反映されます。

私の場合1歳7ヶ月までコウを完全母乳で育てましたが、私自身のアレルゲンの除去はコウが1歳になるまでしていました。
その後徐々に解除していきましたが、乳製品・卵に関しては、除去したほうが私自身の体調がよかったので、現在も除去継続中です。

千葉県にある食物アレルギーで有名な先生のところへ診察に行ったら、開口一番
「あなたも乳製品アレルギーあるね」といわれました。

母である私のどこを見て判断したかというと、真っ赤なほっぺでした。
3歳年上のコウの姉もほっぺが真っ赤。

それ以来、長女も私も乳製品を除去するようにしました。
すると、いつも真っ赤だったほっぺはツルツルに・・・。
私自身も30年以上気がつかなかった、かくれ食物アレルギーだったのです。

そんな出来事があったので、乳製品・卵の除去は家族揃って、いまだに続いています。

赤ちゃんの腸は未熟なため、よくアレルギー関係者(そんな人いるのか?(?_?))が使う言葉で、「ザル」状態なんだそうです。

「ザル」とはアレルゲンを取り込みやすい状態を例えているのですが、さらにアレルギー反応を起こし腸が荒れた状態だと、 アレルゲンを体内に取り込みやすくなってしまいます。

そんな状態で母乳を与えると、母乳に含まれるアレルゲンは、直接食べるのとは比べものにならないくらい微量のアレルゲンでも、 たちまちアレルギー反応を起こしてしまうのです。

さらに、未熟な赤ちゃんの腸は、アレルゲンとなる乳製品や卵などのタンパク質を良い物質か悪い物質か見分けることも難しく、アレルギーを発症するともいわれ ています。

お母さん自身の除去はとにかく大変ですが、母乳を飲んだそばから湿疹が出たり、アレルゲンとして母乳が疑われる場合は、 医師の指導のもと、除去する場合もあるようです。

次⇒「いろいろなアレルギー

関連する記事

<関連記事>
牛乳は必要?乳製品アレルギー増加の理由
乳幼児の食物アレルギーで多いのは、卵アレルギー・乳製品アレルギー・・・
母乳から出るアレルゲン
少し前まで、母乳の評判はあまりよくありませんでした。「栄養がない」「虫歯になりやすい」とか・・・
母乳はアレルギーにいいの?
食物アレルギーっ子は母乳にも気をつけなくてはいけません。母親が食べた食事は、15〜30分で母乳に反映されます・・・

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

アイハーブ iherb

『IHerbアイハーブ』とは
アメリカ カリフォルニアにあるオンラインショップで、コスメや食品、生活雑貨など様々な商品を多数扱っており、日本では高級といわれているナチュラル、オーガニックブランドの製品を激安で購入することができます。オーガニックドライフルーツやスパイス、ハーブ、トマトケチャップやマヨネーズまで、何でも揃ってしまいます。